コラム:マインド編,  理事長のコラム

データでみる男女の違い

内閣府が実施している世論調査のデータで、いくつか面白い数値を発見。数回に分けて情報共有してみたいと思います。

今回は『どんな時に充実感を感じるか?』の問いに対する結果、各ベスト3を紹介しましょう。

<男性>

半数以上が『趣味やスポーツに熱中している時』充実感を感じる
1位 趣味やスポーツに熱中している時  51.8%
2位 家族団らんの時          46.8%
3位 ゆったりと休養している時        40.6%

<女性>

『友人とのおしゃべりや、家族で和やかに過ごす』が圧倒的支持
1位 友人知人と会合、雑談している時   54.9%
2位 家族団らんの時           54.3%
3位 ゆったりと休養している時         49.5%

男女とも、2位、3位は同じ項目であることから、
“男性は、趣味に没頭し、女性はおしゃべりに興じる”、というのが時代を経ても変わらぬ習性とも言えるのでしょう。

さて、皆様はいかがですか?

—————————————————
出典:男女共同参画社会データ集2015年版
—————————————————
【平成26年度国民生活による世論調査】
~2014年6月調査、全国の20歳以上の男女対象~
(計:6254人、男性2901人/女性3353人)

■抽出回答数:男性2728人/女性3187人
—————————————————

data1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください